スポンサードリンク

Top >  かつらの基礎知識 >  かつらとドライヤー

かつらとドライヤー

かつらをシャンプーした後のドライヤーでの乾燥や髪型をセットする時、あまり熱すぎないようにする必要があります。かつらにドライヤーを使用する場合には、基本的に冷風(クール)を使用します。

dryer.jpg

特に人工毛を使ったかつらの場合には、熱に弱いので気をつける必要があります。人工毛で出来たかつらには耐熱性のある人工毛もありますが、それでも熱すぎというのはよくありません。自分の頭に生えている自毛でも、ドライヤーが熱すぎると髪を傷めますので、当然といえば当然の話ではありますね。

自毛にドライヤーをかけるのであれば、自分の頭で熱さを感じる事ができます。しかし、自毛とは違いどんなに熱くてもかつらは「熱い!」とはいいませんから注意しなくてはなりません。

かつらの内側の乾燥も、ベースをタオルできれいにする位で充分です。ただし、あまりジメジメした状態が続くのはかつらによくありません。なるべく早く乾燥するように、風通しの悪いところは避けて、通気のよいところに置くようにするようにします。

かつらの寿命にも影響することですから、かつらを長く使うためにも、たかがドライヤーひとつと思わずに気をつけて手入れしてください。かつらの製品によってもドライヤーへの耐久性は違ってきますから、購入時には必ず確認しておいた方がよいと思います。

スポンサードリンク

かつらの基礎知識

かつらについて知っておきたい基礎知識です。かつらについて知っているようで知らないことってたくさんあります。購入前にはかつらとはどういったものであるか、一定の知識を持って賢く選択するようにしましょう。

関連エントリー

かつらの装着方法 かつらにも寿命はある かつらの手入れ(メンテナンス) かつらにシャンプー かつらとドライヤー かつらの歴史