スポンサードリンク

Top >  脱毛症 >  女性に起こる脱毛症

女性に起こる脱毛症

女性に起こる脱毛症の種類には男性型脱毛症もありますが、女性特有のものとしては出産直後に起こる分娩後脱毛症があります。分娩後脱毛症は文字通り出産がきっかけとなる脱毛症です。ですので、女性特有の症状であり男性は心配する必要がありません。

lady.jpg

分娩後脱毛症は、女性ホルモンの作用により起こると考えられており、出産経験者の約半数という多くの方がこの脱毛症を経験しているといわれています。

ただ、この分娩後脱毛症が救いなのは、抜け毛はそれほどひどくはなく、約半年ほどで症状が改善されるという事です。とはいっても、実際に脱毛になってしまうと、半年間というのは長く感じる期間であり、大きなストレスになります。

女性の脱毛症としては、他に中年以降の女性に多くみられる、びまんせい脱毛症があります。髪の毛が全体的に薄くなり、結果として分け目などが目立ってしまうようになりますが、男性型脱毛のように生え際から髪の毛が後退はしません。原因はダイエットやストレス、老化によるものなど様々です。

それから、女性にも増加してきているといわれる男性型脱毛ですが、原因は男性と同じでストレスやダイエット、食生活などさまざまな要因が絡み合って起こると考えられています。

男性型脱毛=はげ=男性というイメージも、そのうち変わる時代がくるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

脱毛症

かつらをつけるきっかけとなる、脱毛の種類についての知識を解説しています。日本人の成人男性では、4人に1人の割合で脱毛に悩んでいるといわれています。

関連エントリー

男性型脱毛症 女性に起こる脱毛症 脂漏(しろう)性脱毛症・粃糠(ひこう)性脱毛症 円形脱毛症 薬剤による脱毛症 機械性脱毛症(圧迫性脱毛症)