スポンサードリンク

Top >  かつらの劣化 >  毛の色が薄くなる

毛の色が薄くなる

かつらの毛は使用しているうちに、色がだんだんと薄くなってしまいます。人毛を使用したかつらの場合には、太陽光線が一番の色が薄くなってしまう原因になります。

hakase1.jpg

また、プールなどでも塩素の影響で髪の色が茶色く変色してしまう場合があります。毎日のようにプールに通っていると、茶髪になってしまいます。

かつらの毛が退色を起こしてしまうのは、髪の毛に含まれるメラニン色素が破壊されるためです。これはなにもかつらに限って起るというわけではありません。はげではない人の髪の毛も、太陽光線によりメラニン色素が破壊されます。髪の毛をカラーリングしていると、髪の毛は紫外線の影響を大きく受けてしまうので、特に注意しておく必要があります。

ただ、かつらと違って髪の毛は伸びたのちに一定の周期で抜け落ちるということを繰り返しているため、通常は色が薄くなっても気が付かないだけです。

かつらの場合は、色が落ちてしまうと自分の髪の毛の部分と色の違いが生じてしまいます。ですから、かつらは色を染めるというメンテナンスが必要となります。

かつらにとっても髪の毛にとっても、太陽光線(紫外線)はよい影響は与えません。紫外線が強ければ強いほど髪の毛に悪影響を与えますので、太陽光線はなるべく避けるという努力をした方がよいという事をおぼえておきましょう。

スポンサードリンク

かつらの劣化

かつらも一生同じものを使用出来るわけではなく、かつらも劣化を起こしてしまいます。具体的にどのような劣化が起こるのかを書いてみました。何にでも共通することですが、手入れをするとしないとでは大きく寿命が変わってきます。

関連エントリー

かつらの毛が抜ける 毛の色が薄くなる かつらの毛が縮れる ベース部分のひび割れ かつらの寿命を延ばす方法