スポンサードリンク

Top >  かつらの劣化 >  ベース部分のひび割れ

ベース部分のひび割れ

かつらは使用しているうちにベース部分(かつらの裏側)に、ひび割れを起こす事があります。

towel1.jpg

かつらのベース部分には、ナイロンやポリウレタンなどの原料が使用されています。かつらのベースの部分は、自然に劣化してしまう部分でもありますが、ひび割れの一番の原因となってしまっているのは頭から出た汗です。

頭から出た汗が原因とはいっても、汗が直接のひび割れの原因となっているわけではありません。かつらのベースに付着した汗は、気付かないうちに細菌の繁殖を促してしまっています。この状態が長期間に渡ると、ひび割れの原因になってしまうというわけです。

以上の事から分かるように、かつらを外して内側をきれいに手入れする事は、非常に重要な事なのです。「頭には汗をほとんどかかないよ!」という方でも意外と汗をかいているものですし、かつらには日ごろのメンテナンスが長く使うためには必要な事です。

上手にかつらを手入れする方法ですが、かつらの内側を乾いたタオルでふき取るようにすると、水分のみをふき取るだけになってしまいます。

ですので、乾いたタオルではなく、湿ったタオルなどを使うようにします。湿ったタオルで水分以外の付着したものもふき取るように手入れをするようにしましょう。その後、かつらの内部を乾燥させるという事も忘れずに行うようにしましょう。

スポンサードリンク

かつらの劣化

かつらも一生同じものを使用出来るわけではなく、かつらも劣化を起こしてしまいます。具体的にどのような劣化が起こるのかを書いてみました。何にでも共通することですが、手入れをするとしないとでは大きく寿命が変わってきます。

関連エントリー

かつらの毛が抜ける 毛の色が薄くなる かつらの毛が縮れる ベース部分のひび割れ かつらの寿命を延ばす方法