スポンサードリンク

Top >  かつら購入のながれ >  型取りを行う

型取りを行う

カウンセリングを行ったあとは、かつらを自分の頭の形に合わせるための型取りを行う事になります。

kata.jpg

型取りには基本的に透明フィルム(ラップ)を使用します。フィルムを使用して自分の頭の形や髪の毛の流れ、つむじの位置などの形をとります。基本的にはフィルムを使用しますが、大手のかつらメーカーでは専用の器具、型取り素材を使って型取りを行う事が多いようです。

カウンセリングの段階でかつらに対する自分の希望は伝えているとは思いますが、もし納得がいかない部分があれば、型取りの時に修正してもらうようにします。

型取りの時点でも修正が可能なはずですから、遠慮せずにどんどん注文すべきですし、基本的に修正が可能な最後のチャンスだと考えておいた方がよいかと思います。

たとえ自分で納得がいかないかつらができて、作り直すということになったとしても、それはそれであまり気分がよいものではありませんし、サロンなどへ出向く手間ひまも余計にかかってしまいます。サロンなどはプライバシーには充分に気を使ってあるとはいえ、出来れば出向く回数は少ない方がよいに決まっています。

かつらは決して安い買い物ではありませんので、作り直す事や納得いかないかつらを我慢してつけなくてよいように、自分で充分納得がいくよう注文するようにしましょう。

スポンサードリンク

かつら購入のながれ

このカテゴリーはかつらの購入を順を追って書いてみました。、かつらについて知ることからはじまり、かつらの受け取りまでを解説しています。いかに納得してかつらを購入するのか、あちらを選べばよかったなどと後悔しないためには、カウンセリングによるところが大きいといえます。かつらの購入のながれのなかでも、カウンセリングは一番大切なポイントだと思います。

関連エントリー

まずはかつらの情報をゲット! カウンセリング 型取りを行う かつら工場への発注 かつらを受け取ります