スポンサードリンク

Top >  かつらの劣化

かつらの劣化

かつらも一生同じものを使用出来るわけではなく、かつらも劣化を起こしてしまいます。具体的にどのような劣化が起こるのかを書いてみました。何にでも共通することですが、手入れをするとしないとでは大きく寿命が変わってきます。

かつらの劣化一覧

lime.jpg

かつらの毛が抜ける

かつらにはベースに毛が植えつけてあります。自然の摂理ですから仕方がないことなのではありますが、このかつらに植えてある毛が抜けてしまという事があります。 毛自体の劣化や植えつけてあるベース部分が経年によ...

毛の色が薄くなる

かつらの毛は使用しているうちに、色がだんだんと薄くなってしまいます。人毛を使用したかつらの場合には、太陽光線が一番の色が薄くなってしまう原因になります。 また、プールなどでも塩素の影響で髪の色が茶色く...

かつらの毛が縮れる

かつらの毛が縮んでしまう事があります。かつらの毛が縮んでしまう事をピーリングとよび、毛先がカールしたような状態になってしまいます。そうなってしまうと、自分の髪の毛が残っている場合、かつらと自毛に差が出...

ベース部分のひび割れ

かつらは使用しているうちにベース部分(かつらの裏側)に、ひび割れを起こす事があります。 かつらのベース部分には、ナイロンやポリウレタンなどの原料が使用されています。かつらのベースの部分は、自然に劣化し...

かつらの寿命を延ばす方法

一般的に約3年間といわれるかつらの寿命を、なるべく延ばす方法があります。 使い捨て感覚で激安のかつらを使い、かつらが悪くなれば買い換えるという方法もありますが、それでもなるべく長く付き合いたいものです...